投資

【米国株決算】エヌビディア株の決算について徹底分析(事業内容や今後の株価への影響を細かく解説)

この記事から分かること

・事業内容について

・財務状況について

・現在の株価指標について(割高?割安?)

 

2021/08/01に決算が公開されたエヌビディアですが、今回はこの【NVDA】エヌビディアについての事業内容についての説明。その後に決算内容の分析と解説、最後に株価指標と現在の株価について今後の予想を交えて解説いたします。

この記事のポイント

・事業内容を知りたいかたおすすめ

・決算内容が良かったか知りたい方におすすめ

事業内容について

事業内容

・Gaming(ゲーム業界にかかわる製品)

・Professional Visualization(クリエイター関連の製品)

・Data Center(クラウドなどにかかわる製品)/span>

・Automotive(自動車業界にかかわる製品)

エヌビディアが取り扱っている主な事業としてはこの4つになります。その他にも推進している事業はありますが、とりあえずは主力製品についての開設をしていきたいと思います。

Gaming(ゲーム業界にかかわる製品)

エヌビディアが取り扱っているのはGPUと呼ばれるもので、主なものでいうと「Geforce」シリーズが有名なところです。

Geforceの用途

・個人向けゲーミングPCに使われている

・ほかにもアミューズメント系システム、ビジネス領域など多岐にわたる分野で活躍

エヌビディアのGPUは高性能で多くのユーザーからあ高い評価を得ています。実際にSteamの調査によるとGPUのシェア率が「エヌビディア:77%」と高いシェア率を誇っています。

出典:https://store.steampowered.com/hwsurvey/Steam-Hardware-Software-Survey-Welcome-to-Steam?l=japanese

Professional Visualization(クリエイター関連の製品)

Professional VisualizationとはこちらもGPU関連の商品ではありますが、ゲーム向けとは違い主にクリエイター向けの商品のことを指します

主力製品としては「Quadro」とよばれるGPUがありますが、これは「Geforce」がベースで作られており、親子のようなものなのですが、お互いの得意なことが違うため用途が分けられています。

GPU Geforce Quadro
APIDirectXOpenGL
発色RGB各色8bit 1677万色RGB各色10bit 10億6433万色
ターゲットユーザー一般向け(プロフェッショナル)企業向け

大きな違いとして、色の再現度が圧倒的に「Quadro」のほうが高いです。「Quadro」のほうがより鮮明できれいなグラフィックを再現できるため以下の用途に使われます。

Quadroの用途

・CAD、3DCAD

・動画編集、画像編集など主にクリエイター系ツールのPCに使われる

Data Center

エヌビディアのデータセンターGPUを活用することで、HPCやハイパースケールデータセンターのワークロードを高速化することができます。

データセンターGPUの用途

AI・ディープラーニングの学習機関の短縮

・大型シミュレーションの高速解析

・仮想デスクトップ

・アプリケーション

・ワークステーション

エヌビディアの データセンターGPUを活用することで様々な製品の計算処理が高速化されています。

Automotive(自動車業界にかかわる製品)

エヌビディアは次世代の自動運転技術に大きくかかわっています。そして2021年4月12日には2025年を対象とした、自動運転向けの「NVIDIA DRIVE Atlan」を発表しました

この 「NVIDIA DRIVE Atlan」 は今までの「NVIDIA」の技術を総決算したもので、次世代の「GPU アーキテクチャ」新しい「Arm CPU」、「コア ディープラーニング」、「コンピュータービジョンアクセラレータ」が含まれデータセンターのような役割をはたします。

正直、この説明をされてもよくわからないと思いますので、簡単に説明すると「他の会社では作れないような複雑な処理も高速な計算も可能な高性能デバイス」といった感じです。

今期決算を分析【財務分析】

2022年第2Qの決算が発表されましたので、決算の内容を解説していきたいと思います。

今回の分析では要点のみをまとめわかりやすくしています。細かい部分の決算内容を見たい方はエヌビディアの公式ページから決算書の内容をご確認ください。

貸借対照表(B/S)

流動資産→1年以内に現金化できる資産のこと

流動負債→1年以内に返済しないといけない現金のこと

流動比率→流動資産÷流動負債(100%を越えていると健全な企業)

 

流動比率:580%>100%であり健全な経営ができていると判断できます。

また、2020/07/26以降落ち込んでいた流動比率もだんだんと回復傾向にあるため経営状態も改善できていると判断できます。

損益計算書(PL)

営業利益率:37.6%であり超優秀企業であると判断できます。

利益率が高すぎておかしいと思ったかもしれませんが、これはエヌビディアは開発・設計に特化した事業であり製造については製造は台湾セミコンダクター(TSM)に委託しているため、設備投資が少なく利益率が高いのです。

キャッシュフロー計算書

しっかりと営業利益を確保し、投資にお金を回し、財務活動CFからも今後積極的に成長しようとしているのが伺えます。

ROE(自己資本利益率)

当期純利益 ÷ 自己資本

ROE=当期純利益 ÷ 自己資本×100

一般的に10%を越えると良いとされる(各セクターにより異なるので、一概には言えない)

ROE単一だけでなくROAも高いと優良企業であると判断されやすい

 

ROE:33.48%と目安の10%よりも大幅に高く、効率の良い資金繰りができていると判断できます。損益計算書の部分でも話しましたが、設備を持っていなく技術でお金を稼ぐ事業内容のためROEが高くなっています。

ROA(総資産利益率)

ROE=当期純利益÷総資産×100

ROAは5%を超えれば優良企業とされている

ROA単一だけでなくROEも高いと優良企業であると判断されやすい

 

ROA:18.32%と目安の5%よりも大幅に高く問題なし。

また、先ほど記述したROEとともに高水準であるため経営状態は良好であると判断できます。

今期決算のまとめ

貸借対照表(B/S)→流動比率が100%を越え健全。また2020/07/26以降右肩上がり

損益計算書(PL)→営業利益率37.6%と高い。また当期第1Qから利益率も右肩上がり

キャッシュフロー計算書→投資に力を入れていて今後の成長にも期待できる

 

以上の点からエヌビディアは健全な経営をしていて、なおかつ今後の成長のために投資を惜しんでいないとても素晴らしい経営状態であると判断できます。

ベンチャー並みの投資意欲のある企業だと決算の内容を見て判断できます。そのエヌビディアは他社には真似できない独自の技術力を持った企業ですので、その投資効果が出た時には今よりもっと株価が伸びているでしょう。

現在の株価と指標について

2021/09/05現在の株価は228.43$です。

PBR(株価純資産倍率)

PBR=株価÷1株当たりの資産 or PBR(株価純資産倍率)=時価総額÷純資産

PBRが1倍を超えると割安と判断。それ以上は割高

PBRはあくまで参考であり成長株においては指標として役に立たない場合がほとんど

 

こちらは年次ごとのデータになります。

2021年ではPBRは20.13倍と割高ではありますが、エヌビディアは成長企業であるため、参考程度に見ておくべきでしょう。

PER(株価収益率)

PER(株価収益率)=PER(株価収益率)=株価÷一株当たり純利益=時価総額÷純利益

PERが15倍を超えると割安と判断。それ以上は割高と一般的に判断される

PBRはあくまで参考であり成長株においては指標として役に立たない場合がほとんど

 

2021年ではPBRは78.52倍と割高ではありますが、エヌビディアは成長企業であるため、参考程度に見ておくべきでしょう。

まとめ【NVDA】エヌビディアの株は買いまたは継続保有か?

良い点

業績が年々上がっている

収益率もよい

事業の未来性もある

投資にお金を回しており、事業の成長も期待できる

悪い点

株価が割高基準にいる

以上の「良い点」、「悪い点」を踏まえて、私はエヌビディアの株は購入してもよいと判断します。

購入については自己責任、自己判断でお願いいたします。あくまで本記事は私個人の意見であるため参考程度にお願いします。

ABOUT ME
組込みブロガー太田
副業始めたて投資始めたての初心者がどのような過程を経てお金を儲けれるようになっていくのかを記事にしていきます。 他にも投資ニュースや副業についての情報を当ブログにて発信していきます。 暇な時間にでもぜひ見ていってください。